毛穴を開いて丁寧な洗顔を心がけよう

私は、半世紀生きておりますが
肌はかなり若く見えるらしく、年齢を言うと驚かれたりします。

年下の女性から、「洗顔石鹸と化粧品は何を使っているの?」と聞かれたりもします。
正直、そんな高級な洗顔石鹸は使用していません。

どこにでも売っているような
400円ぐらいのクレンジングと洗顔が一緒になった
一般的なタイプの洗顔石鹸を使用しています。

でも、洗顔に関する考え方が
他の方とはちょっと違っているような気がします。

忙しい朝の私の洗顔方法は、
まずお湯で2回、ぬるま湯で2回、お水で1回ぐらいの割合で
両手でこする程度の洗顔なんです。

朝は、基本的に皮脂が浮いている状態ですが
これは敢えてゴシゴシと洗い流さないようにしているんです。

なぜかと言えば、朝起きて顔に浮いている脂って
化粧品など一切使用していない体の中から出てきたものですので
そんなに汚いものでもなく、あまり脂を落とし過ぎるのは逆効果なのではと
以前から思っていました。

そのあと、化粧水や日焼け止めなどを塗ってお仕事に出かけたりするので
夜の洗顔は、かなり念入りにやっているんですよ。

仕事から帰ったら、まずお風呂に入ります。

お風呂に入る前にクレンジングのみでもしておくと、
より気持ちがよく、さっぱりすると思いますが
お化粧したまま湯船に入って20分ぐらい浸かることも多々あります。

しばらくすると、必ず顔に汗が滲んできますので
そうなったらクレンジング入りの洗顔石鹸を充分に泡立ててから
お鼻周りや額などTゾーンを中心にマッサージします。

これを夜は2回繰り返しています。

目安は、指先に下地が取れた感覚が伝わるまで・・という感じですね。
ちょっとアバウトですが、洗顔石鹸がスムーズに肌の上を滑るようになったら
お化粧汚れも落ちていると思うのでOKです。

基本的にお化粧品は良く落とすけれど、
皮脂は適度にっていうのが私の洗顔方法です。

もちろん、食事は肉や魚、野菜などバランスよく摂取していれば
お肌に変な脂なんて浮いてこないと思いますので、
朝からゴシゴシと毛穴を開いて・・なんて面倒な洗顔はしませんね。

忙しい朝は、パッと洗顔。
夜は、念入りに。
これが、私の洗顔方法です。

洗顔で余分な皮脂を落としすぎないほうが、
お肌の乾燥も感じなくなりました。

私も以前は石鹸を必ず使わないと汚いと思っていましたが、
この方法を実践してから、ちょっと考えが変わりました。

1日に一回、毛穴の汚れを落としてあげる。
こんな洗顔方法で、ツヤのあるお肌を保ってます。

毛穴洗顔

毛穴の汚れ黒ずみやたるみの悩みはしっかりケア

毛穴の悩みって本当に辛いですよね。
なんといっても人は顔をまず見るために、ちょっとした
毛穴の汚れも目だって見えてしまうんだそうです。
そんな毛穴の汚れや黒ずみって、意外と落としにくいのでやっかいとされています。
汚れを溜め込まないことが毛穴の悩みを減らすことだと思っても、
なかなか普段の洗顔毛穴ケアもしっかりと出来ないもの。
特に鼻のてっぺんの汚れ・角栓の汚れはかなり目立つもの。
鼻の角栓の汚れの取り方と言うと、きっと毛穴パックではないでしょうか。
市販でも売られていて、私も何度か試したことがあって結構詰まった角栓が
しっかりと取れるのが見て分かるのですが
やはりそれでも全部が全部取りきれるわけじゃなくて、半分は残ってしまうんですね。
それにテープを肌に貼るようなものなので、肌も多少荒れてしまうんです。毛穴ケアとしてはイマイチです。
そこで、毛穴をきれいにするにはやはり毛穴を自然に開かせることなんだなと思いました。
よく、理容室に行っていた子供の頃、女の子ですがカットをした後には
顔をあったかいタオルで拭いてくれたことがあり、それがとってもすーっとして気持ちいいんですよね。
鼻の角栓の悩みもそうですが、毛穴のたるみも気になるところ。
毛穴ってたるむの?と思っていたけど、本当に毛穴が縦に伸びた気がし始めたのが30代に入ってからでした。
毛穴のたるみの原因を知って驚いたのだけど、喫煙や不規則な生活なんだそうですね。
私は喫煙はないので、不規則な生活が原因といったところでしょうか。
さらに年とともに減っていく、肌の水分量の変化も原因だとか。
毛穴のたるみを防ぐには、洗顔をしっかりとケアを行い冷水で毛穴をひきしめたり、
油分と水分をバランスよく肌に入れてあげるしかないのでしょうか。
毛穴 黒ずみ

雪国の燃費事情

雪の降る北海道地方で暮らしているので、冬の間は色々なものに燃料費が掛かってきます。
毎月高額になるので、少しでもできることに知恵を働かせて生活しています。

まずはガソリン。
いまどきガソリンが高くなりましたよね~。
簡単に出かけられる夏とは違って、冬は除雪をしてから出て行かなくてはならないし、
その間に車を暖気していると、みるみるガソリンが減っていきます。
燃費がすごく悪くなりますよね。
だから、用事は一日一回!と決めます。
私の場合保育所に子供を送り迎えするので、その時に全てをやりつくしてきます。
帰ってきてからあ~あれ、と子供にせがまれても、もうその日は終わり。
翌日か、次の町まで出るときにね、と言い聞かせます。
その積み重ねが、大きなガソリン代の差を生みます。

そして灯油ストーブ。
寒くなったらつけて、暖かければ消す。はちょっともったいないつけ方だって知ってました?
実は、つけたり消したりしているより、ずっと微小で炊いている方が、コスト的に安く上がるし、暖かいんです。
それは、ずっと微小でストーブをつけっぱなしにしている事で、家の壁や天井、家具、全てが暖かくなります。
全体が暖かくなっていれば、少しストーブをたいているだけで温かさが持続するんです。
それは北国のいまどきの住宅は、高気密住宅だからなんですよ。
つけたり消したりをしていると、寒いからといってつけた瞬間には全てが冷たいので、
相当ストーブを高温にしていないと部屋全体が温まりません。
なので実際にはとても燃料が必要となってしまうんです。

ちなみに、私の家はずっと冬中、24時間とも微小でストーブをつけっぱなしです。
本州から引っ越してきた時にはストーブを寝ているときもつけっぱなしすることに、驚きましたが、
排気が外に出るタイプなので家の中の空気はクリーンなんですよ。
これも本州だって取り入れていいストーブだと思うんですよね~。
いつかこのよさが広がっていくかもしれませんね。

生ごみコンポスト

生ごみをコンポストにしている人ってとても多いかと思いますが、
私の家は冬の間雪に覆われてしまうので、畑にコンポストが設置できません。

冬の間だけは町のごみ収集に出そうかと思いましたが、生ごみって畑の大切な肥料ですよね。
もったいなくてごみになんて出せないな~と色々と試行錯誤した結果、
「生ごみコンポストを家の中に作ればいいんだ!!」
と閃きました。

家の中に作るといっても、そのままじゃ臭いからどうしようと思いました。

そんな時、生ごみは大きなビニール袋に保管し、EM菌を使って冬の間に堆肥化させる。というのをやっている友達がいました。
その方法は、生ごみバケツを買う(下に水分の蛇口が付いているやつ)そこへ生ごみ投入しいっぱいになったらEM菌を入れる。
そしてそれをビニール袋へ移し変え、春の雪解けまで倉庫で保管。
ビニールに入れているし、半分凍ってしまうので臭くはない。

それをするには我が家では保管場所が無いので無理でした。
でも保管場所がある人には良いアイディアですね。
EMで発酵した堆肥で作る野菜は、本当に味がいいんです。

で、私はその後、ダンボールコンポストを思いつきました。
常温で保存できて、あまり臭くないんです。
それは、ストーブが付いているこの雪国地方だからこそ出来るアイディアです。
その方法は、生ごみが出たら水気を切ってストーブの上で1~3日乾かす。
このとき、あればオーブンの鉄板のような板の上でやると便利です。
乾いたらダンボールコンポストにイン!
ダンボールコンポストの中は、ピートモスともみがらくんたんを一対一で入れています。これは適当な量で全然大丈夫です。
そして入れるごとに上下をかき混ぜておくだけ。

生ごみは、乾いてダンボールに入れてしまうと、においもぜんぜんしない。
ちゃんと乾かしていれば、春まで腐ることなくそのまま保管できます。

室内で乾かして入れて保管まで出来てとても便利です!
雪国の人には是非お試ししてほしいコンポストだと思っています。

春先にしっかり人シーズン分の生ごみを畑に空きこめて嬉しい限りです。

カップラーメンをおいしくしよう。

お店で食べるみそラーメンはとてもおいしいですね。
もちろんそれなりの値段のするみそラーメンもすごくおいしいく何杯でも食べたくなるくらいおいしいです。
ですが僕は何杯でも食べられる ほど財布に余裕がございません。
なのでよく食べるみそラーメンはカップラーメンになります。

もちろん安いものです。中には三百円近いみそ味のカップラーメンがありますが基本食べません値段が高いので。
しかしそろそろ同じ味に飽きてきてしまい、味を変えたいと思っていたところあるランキング番組で「ちょい足し」で料理をおいしくする的なコーナーをやっていたので見てみました。
「えっ? こんな食材でおいしくなるの」とか「入れて大丈夫なの?」と心配しながら見ていましたが思いのほかリポーターの人が「おいしい」と叫んでいたので僕も触発されて、みそ味のカップラーメンをおいしくするちょい足しを試してみました。
ここでは僕がみつけたみそ味のカップラーメンをおいしくするちょい足しを紹介しようと思います。
ここでひとつ断っておきますがこのちょい足しは僕がおいしいと思っていても、みなさんはおいしくないと感じるかもしれません。

なので試す場合は自己責任でお願いします。
また、あるランキング番組のいちコーナーだった「ちょい足し」は現在は定期的放送していません。突発的にはあるかもしれませんが基本放送はしてませんのでご了承をお願いします。
では用意するものは当たり前ですがみそ味のカップラーメン。
そして「インスタントの粉末タイプのコーンポータジュスープです」。
このふたつのみでOKです。

みそラーメン、コンポタージュ共に特に銘柄の指定はありません。安いものを買ってきてくもOKです。
それでは調理方法ですがまずカップラーメンにお湯を注いで三分間待ちます。
そして三分後、コーンポタージュを一袋すべて投入してよくかき混ぜて完成です。
味としてはスープがまろやかになっておいしくなります。それでいてみその味を失っていません。

正直コーンポタージュをいれてここまで味がおいしくなるなんて思ってもみませんでした。
食べたときはビックリしました。 いつものみそ味のカップラーメンに飽きたり、味を変えたいと思ったときはこの方法を試してみてください。ですが先ほども書きましたがこのちょい足しは自己責任でお願いします。